Accessibility

島田市立金谷小学校WEBサイトです

HOME学校案内学校長あいさつ

学校長あいさつ

未来の子供たちの姿に思いを馳せて

 

本年度、金谷小学校の重点目標は『進んで ととのえ 温かくかかわる』です。

この目標を通して、子供たちに「規範意識」と「思いやり」を育んでいけたらと考えています。「規範意識」を育むことで、言葉や身の回りの環境を丁寧に整え、子供自身の気持ちも合わせて整えることができたらと考えています。また、「思いやり」を育むことで、相手のよさや頑張りに気づき、周りの人に感謝の気持ちを少しでももてるようにすることができたらと考えています。

しかし、一概に「育む」と言っても容易なことではありません。子供たち一人一人の考え方や感じ方は、様々だからです。

大人の私たちが、子供たちのためにと考え、関わったことでも、すぐには受け止められない子もいます。その時は、「なぜ、そのような行動をしたのか?」「なぜ、そのような言葉を言ったのか?」など、まずは子供の気持ちに寄り添って考えてみることが大切だと思います。とはいえ、私たち大人が、納得できないこともあるでしょう。それでも、子供の話に耳を傾け、一緒に考える姿勢で、子供自身に「○○すれば良かったのかなあ?」と感じてもらえたらと考えます。そのためには、決して大人の思いを押しつけないことだと思うのです。大人がしたほうがよいと思うことを子供に伝えたい気持ちを少し押さえ、まずは子供の姿をよく見つめ、目の前の子供に今、何が必要なのか、何を伝えた方がよいのか、またはじっと今は見守った方がよいのか、と考えながら関わっていくことが必要だと考えます。そして、今は、大人の私たちが考えたように、できなくてもよいと思うのです。もしかしたら、何かのきっかけで、今後できるようになるのかもしれません。できるようになる時期も、子供によって違います。できるようになる方法も、子供によって違います。ですから今は、子供たちが「真剣に聞いてくれた。」「自分のことを少しだけど分かってくれた。」「自分の気持ちを応援してくれた。」という思いをもつことが大切だと思うのです。この思いはいずれ、周りの人への感謝・信頼、自分自身の自己肯定感、人のために自分の時間を使い、少しでも役に立ちたいという思いにつながっていくものだと信じています。

保護者や地域の皆様方のご支援・ご協力をいただきながら、職員一同、金谷小児童一人一人を温かい目で見守り、未来の子供たちの姿を想像しながら、日々寄り添い、関わり続けたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                              校長 久保田法善

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2022年8月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10